マニキュアを早く乾かすためにはいくつかのポイントを心得ておくことが重要です。

 

マニキュアを少しでも早く乾かす方法

 

まず最初にポイントになるのは「薄く延ばすように塗る」ことです。
マニキュアをどれくらいの厚さで塗るかということには好みがあるのですが、基本的に厚く塗られた場合は薄く塗られた場合よりも乾くのに時間がかかってしまいます。
特に重ね塗りの際は綺麗に重ねていくためにもひとつずつを薄く塗るようにしなくてはなりません。

 

一つ目が乾いていない状態で二つ目を重ねて塗るなどのことになりますと乾くまで本来の3倍近い時間がかかってくることもありますから、重ね塗りの際には必ず薄めに塗ることを徹底するようにしましょう。

 

次にチェックしたいポイントが「冷却する」ことです。
よく布地を乾かすときと同じようにマニキュアを塗った爪にドライヤーの温風を当てて乾かそうとしている人がいるのですが、マニキュアは基本的に冷やすほど早く乾きます。

 

ですからマニキュアを塗った後で爪を冷水に3秒ほど浸すだけで乾燥までの時間はぐっと短縮されますし、事前にマニキュア液を冷蔵庫などに入れておいて、液自体を冷やしておくと言うのも良い方法でしょう。

 

もちろんドライヤーを使うのも良いのですが、この際には必ず冷風を当てるようにしてください。
こうしたポイントをしっかり実践していった上でトップコートやクイックドライスプレーといったような速乾グッズを活用していくと、爪に塗った色を綺麗にしたまま素早く乾かすことができるようになります。

 

物によりますがトップコートくらいであれば1つ1000円もあれば十分購入できますから、マニキュアを使う方は時間がない時のために一つ持っておくと便利に活用できるでしょう。

 

マニキュアはしっかりと丁寧に塗らなくてはその美しさが発揮できません。
乾くまで待ち切れずに傷をつけてしまったり、色にムラを作ったりしてしまわないよう速く乾かす方法を心得て上手に活用していきましょう。