マニキュアをキレイに塗りたい!

 

マニキュアを綺麗に塗るためのコツ

 

マニキュアをキレイに塗るためには、いきなり塗り始めずに爪に下準備をしておく必要があります。下準備としては、爪の形を整え、余分な甘皮は処理しておきます。また、爪の表面を磨いておくとキレイになりやすいです。

 

マニキュアを塗る手順としては、プレプライマー、ベースコート、カラーポリッシュ、トップコートの順番で塗ります。ベースコートとカラーポリッシュ、トップコートの塗り方は同じです。まず、ハケの両面はボトルの口でしごきます。両面とも落とし、ハケにはついているかついていないかぐらいの少量で、爪の先端のフチの部分であるエッジから塗り始めます。

 

エッジから塗り始めることで、先端から剥げることが少なくなるため、見た目もキレイになります。次は、片面だけボトルの口でしごきます。この状態で、一度目を塗ります。この時、マニキュアはつぎ足さずに行います。慎重にしすぎるとデコボコや千がつきやすいため、テンポよく塗るようにします。

 

マットタイプを塗る場合は、真ん中を最初に塗ってから両端を塗ります。重なり盛り上がってしまった場合には、ハケで軽くなでてからならしておきます。パールタイプを塗る場合には、端から端に少しずつ重ねるように塗ります。

 

マニキュアがはみ出した場合には、その都度何もつけていないウッドスティックや爪楊枝の先端を使ってなぞり消します。それでも取れない場合には、最後にまとめて修正を行います。マニキュアは根本のLINEが滑らかかどうかでキレイかどうかが判断されます。根本まで塗ろうとして、指にまでマニキュアがついてしまうことが多いため、塗り始めには指につかないように注意しながら塗るようにします。

 

ベースコートやトップコートは1回塗るだけで終わりですが、カラーポリッシュは二度塗りを行います。ただし、パールタイプの場合は、二度塗りすると厚くなりすぎるため、一度で終了することもあります。消しきれなかったはみ出しは、コットンを巻いたウッドスティックにポリッシュリムーバーを染み込ませ消していきます。

ベースコート・トップコートについて

 

マニキュアを綺麗に塗るためのコツ

 

女性はおしゃれをするためにマニキュアをするとおもいますがたくさんの種類があってどれからはじめればいいのか分からない人もいるかもしれません。

 

爪に色をつけるマニキュアをカラーポリッシュといいます。その前に塗るのがベースコートです。塗る前にかかせないものです。ネイルが習慣的になると自然と爪が弱くなってしまいます。そのための役割をもつのがベースコートです。爪を保護する役目をもっており色素沈着を防ぐ役目ももっています。トップコートとはカラーポリッシュを塗り終わりネイルの最後に塗るものです。

 

ネイルを長もちする役目をもっておりさらに爪に光沢をもたせることができます。ベースコートはカラーポリッシュの前にぬり、トップコートはカラーポリッシュを塗り終わったら塗るという違いです。最近ではマニキュアをぬる女性が多くなりました。仕事でもネイルOKという会社もあり仕事中でもぬっている人をよく見かけます。それくらいネイルが普通になったのです。アクセサリーのひとつでしょうか。

 

プロによるネイルサロンもおおくあります。ショッピングセンターのなかにあったり個人経営でネイルサロンだけであったり美容室と併設されてあったりとたくさんあります。プロにネイリストに頼めばきれいにもできるし手間が省けます。しかしデメリットとして料金が高いという問題があります。安くても1万円くらいはかかります。単色であれば安くできますがラインストーンやカラーポリッシュを多く使った場合値段は上がっていくでしょう。

 

プロに頼むのは特別な時だけにしたいものです。そんな人のために100円ショップでネイルグッズを集めることも今ではできるのです。もちろんベースコートやトップコートもあるのです。カラーポリッシュもたくさんあるので自分ですることができます。多少時間はかかり面倒だと思うことがあるかもしれませんが家計に優しいのです。また自分ですることによりだんだんとうまくなるかもしれません。