ジェルネイルを長持ちさせるには、まずカラージェルを塗る前に爪を整えると良いです。

 

ジェルネイルを長く綺麗なまま保つには?

 

爪の根元にある甘皮を処理しないと、ジェルが甘皮の上に載るので、剥がれやすくなります。甘皮はメタルプッシャーでカットしましょう。またサンディングも長持ちさせる効果があります。サンディングとは、爪の表面に傷を付けることです。爪が傷つくのを恐れる人もいますが、爪全体のツヤが無くなるまで削ると、ジェルが爪とくっつきやすくなります。

 

ジェルネイルは端から剥がれるので、先端やサイドも念入りに行います。サンディングでは必要な爪まで削ってしまうことがあります。初心者に多い失敗ですが、爪が薄くなりすぎると赤くなったり刺激を受けやすくなったりします。中にはサンディングをしなくても良いカラージェルも販売されているので、不安な場合はそれを利用します。

 

カラージェルを塗って爪の外にはみ出した部分は、硬化させる前に拭き取ります。はみ出したまま硬化させると、その部分が浮くことで全体が引っ張られます。また皮膚にジェルが付いていると、ライトが集中的に当たるので熱を持って危険です。

 

失敗した部分はウッドスティックなど先端が細かいもので除去します。ベースジェルはジェルネイルを長持ちさせる目的で使われます。さらに最後にトップジェルを塗ることで、ジェル同士の隙間が無くなります。ストーンを使ったデザインの時も、ストーンの周りに隙間ができません。特にトップジェルは見た目にツヤを出す効果もあるので、ずっと美しい状態をキープするのに欠かせません。

 

ジェルネイルのキットはベースジェルとトップジェルを兼用として、1つの商品しか入れないことが多いです。しかしベースジェルには爪の変色を防ぐなどの役割もあるので、それぞれ専用のジェルを用意するのが安心です。さらに日常生活で爪先は頻繁に使うので、衝撃に耐えられるように先端部分にジェルをしっかり塗るのも長持ちのポイントです。