ジェルネイルは仕上がりが綺麗で長持ちするという良さがあります。

 

セルフジェルネイルで気を付けたいこと

 

しかし自分でネイルをする時の注意事項を守るようにしないとトラブルの原因にもなりますので要注意です。

 

基本として爪が薄い場合は根本的にジェルネイルは避けた方が良いでしょう。塗ったり取ったりを繰り返すとどんどん爪が薄くなっていきますが、元々爪が薄い場合ですと余計にリスクが高まります。場合によっては出血をしてしまうこともありますので状態をよく見極めることが大切です。

 

ネイルによってアレルギーを起こしたことがあったり、手荒れをしているような時も避けることが大切です。作業の際に使用する消毒液やジェルなどの化学物質でアレルギーが起こる恐れがありますし、特にすでにアレルギーを起こしたことがあったり手荒れをして肌が弱っている時はトラブルが起こり易くなります。無理に行うのは厳禁ですし、それでもネイルをしたい場合はネイルチップといった安全な方法を選んだ方が良いでしょう。

 

自爪とジェルの間に水分が確認できる時には速やかに取り除くのも覚えておきたいことです。水分が溜まっているのが良くない理由は菌が繁殖してしまうリスクがあるからです。時には緑膿菌と呼ばれる菌が繁殖してしまうケースもあり、それによってグリーンネイルという爪が緑に変色してしまう恐れがあります。菌が繁殖すると感染が広がったり、しかも別の人にまで移ることがあるのです。

 

紫外線ライトを使用するとシミやシワになる可能性があることも理解しておきましょう。ジェルネイルは特殊なライトによって硬化させますが、その際に紫外線ライトを使用すると硬化が早くなります。しかしながら紫外線はシミやシワの原因になるという短所もありますので、できるだけ使用しない方が良いと言えるのです。もし紫外線ライトを使用する際には日焼け止めのクリームを塗るようにした方が良いですし、不安がある場合はLEDライトを使用した方が良いでしょう。