爪のトラブルにも様々なものがあります。

 

爪の異変の解説と爪を丈夫に保つ方法

 

 まず、爪の強度は人によりかなりの個人差が実は存在します。丈夫で爪を切るのに力がいるほどの強さを持っている人もいれば、やわらかく押すと簡単に曲がってしまうことを特徴とする人もいます。その違いはどこからくるのかについてですが、栄養状態の違いによるものが原因のうちのかなりを占めています。
 栄養が不足すると爪を乾燥させてしまう原因になってしまい全身に悪影響を及ぼしてしまいます。また、栄養不足により爪を乾燥させてしまう栄養素も存在しますので、日頃からバランスの良い食生活を心がけておくことが求められます。特に亜鉛は細胞分裂を行うために重要な栄養素となっており、身体の成長にも欠かせない成分となっています。きちんと摂取することで健康と美容に役立ちますので適度に摂取していくようにしましょう。

 

 次に重要な要素としては爪の色があります。健康な人が持つ色は薄いピンク色をしています。しかし、変色することでなんらかの病気が隠れている場合もあります。
 例えば色が白っぽいような場合には、水虫を疑います。また、貧血や肝硬変などのサインとして現れる場合もあります。赤っぽい色をしている場合は、血液の異常や心疾患などが挙げられており紫色をしている場合には血行が悪いことで貧血になっている可能性があります。さらに黒や黄色などにも変化することがありなんらかの感染症やがんなどの重大な病気を疑う場合もあります。

 

 このような色の変化については、一度精密検査を受けて調べてもらうことで病気の早期発見ができる可能性があります。
 爪の見た目についても変化することで病気のサインが分かる場合があります。例えば爪が反り返って見える場合には貧血や甲状腺の異常が考えられる場合もあります。見た目の変化についても同様に注意しておきます。
 他にもささくれなどのトラブルが多いです。ささくれは、ハサミなどで切って処理してしまうほうが良いでしょう。

短い爪を伸ばす為のポイントとしてまず保湿をすることです。

爪は皮膚が角質化したものですので乾燥状態ですと成長が遅くなってしまいます。その為、ハンドクリームを塗るようにしたり、爪も意識して塗り込んでみると良いでしょう。また乾燥対策をきちんと行っておくことで割れたり欠けたりするトラブルも防止できますので、爪が弱いと感じている時にも保湿を意識することが大切です。

 

新陳代謝を良くするのもポイントです。爪は冬場よりも夏場の方が伸びる速度が上がると言われていますが、これは夏場の方が新陳代謝が良くなるからと見られています。その為、入浴をして代謝をアップさせたり、また湯船に浸かりながらマッサージをするなどして血流が良くなるように心掛けてみるのも有効です。

 

食器を洗う時には手袋をしたり、除光液を使用し過ぎないようにするのも早く伸ばすコツです。洗剤や除光液を使用し過ぎてしまうと油分を奪ったり爪にダメージを与える原因になります。特に日頃から繰り返し洗剤や除光液に触れることが多い場合は要注意です。

 

良質なタンパク質を補給するように心掛けることも意識したいポイントです。爪が成長する為には栄養が必要不可欠であり、特に必要とされているのがタンパク質です。爪はケラチンというタンパク質によって作られていますし、不足すると成長が滞るようになってしまいます。その為、タンパク質が豊富に含まれている肉や魚、大豆といった食品を率先して食べるようにした方が良いでしょう。

 

必要な栄養素として亜鉛を摂取することも心掛けた方が良いと言えます。亜鉛は様々な組織を作る為の重要な栄養素ですが、不足傾向にあるとも言われているのです。その為、意識して摂取することが望ましいとされています。ただ吸収率が良くない栄養素ですのでサプリメントを活用するなどして効率的に補給をするのが良いと言えます。なお亜鉛はビタミンCと一緒に補給をすると吸収率が良くなると言われていますので同時に摂るのも効果的です。