ジェルネイルはセルフ派?ネイルサロン派?比較してみた

 

自分でジェルネイルをやるメリット・デメリット

 

ジェルネイルはネイルサロンで施術をうけることができますが、自宅でも可能なのです。どちらにもメリットやデメリットがあるため、自分に合った方法でジェルネイルを楽しむことが大切です。

 

ジェルネイルをネイルサロンでやる場合のメリットは、椅子などに座っていれば全てネイルのプロで施術をしてくれます。ネイルのデザインもアイデア豊富で仕上がりも綺麗です。3Dアートなどもジェルネイルに施すことも可能です。

 

ジェルネイルは施術に時間がかかり、長い場合には2?3時間は必要になります。施術中は会話を楽しむことができ、楽しい時間を過ごすことも可能です。
ネイルサロンでの施術のデメリットは、仕上がりは美しいものですが、料金が高いことです。ジェルネイルは一度施すと2?3週間程度は持ちますが、月1回ネイルサロンに通う場合にはその都度1?2万円程度はかかります。

 

自宅でジェルネイルする場合のメリットは、かかる費用が安いことや自分の好きな時間に施術することができることなどです。デメリットは、プロのようなデザインができない場合や、技術がないため仕上がりはネイルサロンのように綺麗ではない可能性があります。自宅で初めて施術する場合はスターターキットを利用すると良いです。このネイルキットを利用することで初心者でも簡単に施術することが可能になります。

 

自宅で施術する手順は、爪の形や長さを整え、爪の表面を削ります。爪の表面を削らなくても良いネイルキットもあるため、自分に合った方を選びます。続いてベースとなるクリアジェルをぬり、ライトを当てて硬化させます。固まったらカラージェルをぬりライトで硬化させ、薄くクリアジェルぬり、ストーンなどを施してライトで硬化させます。仕上げにクリアジェルを塗って硬化させます。

 

ジェルネイルはネイルサロンと自宅と両方で施術が可能で、どちらにもメリットがあります。ライフスタイルに合った方法を選んでネイルを楽しむことが大切です。